万葉集 第4巻 605番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻605番歌はこちらにまとめました。

第4巻 605番歌

第4巻
歌番号 605番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 天地之 神理 無者社 吾念君尓 不相死為目
訓読 天地の神の理なくはこそ我が思ふ君に逢はず死にせめ
かな あめつちの かみのことわり なくはこそ あがおもふきみに あはずしにせめ
英語(ローマ字) AMETSUCHINO KAMINOKOTOWARI NAKUHAKOSO AGAOMOFUKIMINI AHAZUSHINISEME
ああ。天地の神々に道理がなければ、結局私はあなた様に逢えずじまいに終わるのでしょうか。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました