万葉集 第4巻 721番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻721番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 721番歌

第4巻
歌番号 721番歌
作者 坂上郎女
題詞 獻天皇歌一首 [大伴坂上郎女在佐保宅作也]
原文 足引乃 山二四居者 風流無三 吾為類和射乎 害目賜名
訓読 あしひきの山にしをれば風流なみ我がするわざをとがめたまふな
かな あしひきの やまにしをれば みやびなみ わがするわざを とがめたまふな
英語(ローマ字) ASHIHIKINO YAMANISHIWOREBA MIYABINAMI WAGASURUWAZAWO TOGAMETAMAFUNA
山住みの田舎者が献る歌でございます。田舎者のすることゆえおとがめなさいませんように。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:坂上郎女、聖武天皇、佐保、枕詞、地名、贈答
タイトルとURLをコピーしました