万葉集 第4巻 604番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻604番歌はこちらにまとめました。

第4巻 604番歌

第4巻
歌番号 604番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 劔大刀 身尓取副常 夢見津 何如之恠曽毛 君尓相為
訓読 剣大刀身に取り添ふと夢に見つ何のさがぞも君に逢はむため
かな つるぎたち みにとりそふと いめにみつ なにのさがぞも きみにあはむため
英語(ローマ字) TSURUGITACHI MINITORISOFUTO IMENIMITSU NANINOSAGAZOMO KIMINIAHAMUTAME
剣大刀(つるぎたち)を身につけた夢を見ました。如何なる怪なのでしょう。あなた様にあって(死のう)と思って。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、夢、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました