万葉集 第4巻 491番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻491番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 491番歌

第4巻
歌番号491番歌
作者吹芡刀自
題詞(吹B刀自歌二首)
原文河上乃 伊都藻之花乃 何時<々々> 来益我背子 時自異目八方
訓読川上のいつ藻の花のいつもいつも来ませ我が背子時じけめやも
かなかはかみの いつものはなの いつもいつも きませわがせこ ときじけめやも
英語(ローマ字)KAHAKAMINO ITSUMONOHANANO ITSUMOITSUMO KIMASEWAGASEKO TOKIJIKEMEYAMO
川上からいつもの花が流れてきますが、どうかあなた、時を選ばず、いつでもいらして下さい。
左注
校異<> 々々 [西(右書)][類][紀][細]
用語相聞、作者:吹B刀自、勧誘、序詞
タイトルとURLをコピーしました