万葉集 第4巻 529番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻529番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 529番歌

第4巻
歌番号529番歌
作者坂上郎女
題詞又大伴坂上郎女歌一首
原文佐保河乃 涯之官能 <少>歴木莫苅焉 在乍毛 張之来者 立隠金
訓読佐保川の岸のつかさの柴な刈りそねありつつも春し来たらば立ち隠るがね
かなさほがはの きしのつかさの しばなかりそね ありつつも はるしきたらば たちかくるがね
英語(ローマ字)SAHOGAHANO KISHINOTSUKASANO SHIBANAKARISONE ARITSUTSUMO HARUSHIKITARABA TACHIKAKURUGANE
佐保川の岸の高みに生える柴は刈り取らないでそのままにしておいて下さいな。春が来て繁ったなら恋の隠れ家になりますもの。
左注
校異小 少 [桂][元][古][紀]
用語相聞、作者:坂上郎女、野遊び、奈良、地名、植物、贈答
タイトルとURLをコピーしました