万葉集 第4巻 528番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻528番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 528番歌

第4巻
歌番号 528番歌
作者 坂上郎女
題詞 ((京職藤原大夫贈大伴郎女歌三首 [卿諱曰麻呂也])大伴郎女和歌四首)
原文 千鳥鳴 佐保乃河門乃 瀬乎廣弥 打橋渡須 奈我来跡念者
訓読 千鳥鳴く佐保の川門の瀬を広み打橋渡す汝が来と思へば
かな ちどりなく さほのかはとの せをひろみ うちはしわたす ながくとおもへば
英語(ローマ字) CHIDORINAKU SAHONOKAHATONO SEWOHIROMI UCHIHASHIWATASU NAGAKUTOOMOHEBA
千鳥鳴く佐保川の川門の瀬が広いので、(黒馬でいらしゃると思って)広い渡し場には長い大きな板橋を渡しておきますね。
左注 右郎女者佐保大納言卿之女也 初嫁一品穂積皇子 被寵無儔而皇子薨之後時 藤原麻呂大夫娉之郎女焉 郎女家於坂上里 仍族氏号曰坂上郎女也
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、藤原麻呂、川渡り、贈答、動物、枕詞、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました