万葉集 第4巻 494番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻494番歌はこちらにまとめました。

第4巻 494番歌

第4巻
歌番号494番歌
作者田部櫟子
題詞(田部忌寸櫟子任<大>宰時歌四首)
原文吾妹兒乎 相令知 人乎許曽 戀之益者 恨三念
訓読我妹子を相知らしめし人をこそ恋のまされば恨めしみ思へ
かなわぎもこを あひしらしめし ひとをこそ こひのまされば うらめしみおもへ
英語(ローマ字)WAGIMOKOWO AHISHIRASHIMESHI HITOWOKOSO KOHINOMASAREBA URAMESHIMIOMOHE
置いてきた彼女に対する恋心が募り、いっそ彼女を知らなければよかった。彼女に引き合わせた人が恨めしく思える。
左注
校異乎 [元][紀][金](塙) 矣
用語相聞、作者:田部櫟子、恋情、羈旅、離別、太宰府、任官
タイトルとURLをコピーしました