万葉集 第4巻 495番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻495番歌はこちらにまとめました。

第4巻 495番歌

第4巻
歌番号 495番歌
作者 田部櫟子
題詞 (田部忌寸櫟子任<大>宰時歌四首)
原文 朝日影 尓保敝流山尓 照月乃 不Q君乎 山越尓置手
訓読 朝日影にほへる山に照る月の飽かざる君を山越しに置きて
かな あさひかげ にほへるやまに てるつきの あかざるきみを やまごしにおきて
英語(ローマ字) ASAHIKAGE NIHOHERUYAMANI TERUTSUKINO AKAZARUKIMIWO YAMAGOSHINIOKITE
朝日が射してきて明るくなってきた山。が、月はまだ残っていて明るく輝いている。その名残の月光のように輝いているあなた。あなたは山の向こうに去ってしまって、ああ。
左注
校異
用語 相聞、作者:田部櫟子、恋情、羈旅、離別、太宰府、任官
タイトルとURLをコピーしました