万葉集 第4巻 675番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻675番歌はこちらにまとめました。

第4巻 675番歌

第4巻
歌番号 675番歌
作者 中臣女郎
題詞 中臣女郎贈大伴宿祢家持歌五首
原文 娘子部四 咲澤二生流 花勝見 都毛不知 戀裳摺可聞
訓読 をみなへし佐紀沢に生ふる花かつみかつても知らぬ恋もするかも
かな をみなへし さきさはにおふる はなかつみ かつてもしらぬ こひもするかも
英語(ローマ字) WOMINAHESHI SAKISAHANIOFURU HANAKATSUMI KATSUTEMOSHIRANU KOHIMOSURUKAMO
オミナエシが咲く沢に花かつみが咲くように、ついぞこんな恋をしたことはありません。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 摺 [桂][類](塙) 揩 / 可 [元][類][紀] 香
用語 相聞、作者:中臣女郎、大伴家持、恋情、植物、奈良、地名、序詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました