万葉集 第4巻 676番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻676番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 676番歌

第4巻
歌番号676番歌
作者中臣女郎
題詞(中臣女郎贈大伴宿祢家持歌五首)
原文海底 奥乎深目手 吾念有 君二波将相 年者經十方
訓読海の底奥を深めて我が思へる君には逢はむ年は経ぬとも
かなわたのそこ おくをふかめて あがおもへる きみにはあはむ としはへぬとも
英語(ローマ字)WATANOSOKO OKUWOFUKAMETE AGAOMOHERU KIMINIHAAHAMU TOSHIHAHENUTOMO
心中深く恋しく思っているあなたには何年かかっても是非お逢いしたい。
左注
校異
用語相聞、作者:中臣女郎、大伴家持、恋情、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました