万葉集 第4巻 731番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻731番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 731番歌

第4巻
歌番号731番歌
作者坂上大嬢
題詞(大伴坂上大嬢贈大伴宿祢家持歌三首)
原文吾名者毛 千名之五百名尓 雖立 君之名立者 惜社泣
訓読我が名はも千名の五百名に立ちぬとも君が名立たば惜しみこそ泣け
かなわがなはも ちなのいほなに たちぬとも きみがなたたば をしみこそなけ
英語(ローマ字)WAGANAHAMO CHINANOIHONANI TACHINUTOMO KIMIGANATATABA WOSHIMIKOSONAKE
私の浮き名は千度でも五百度でも立とうとも、あなたの浮き名が立たなければ泣きはいたしません。
左注
校異
用語相聞、作者:坂上大嬢、大伴家持、うわさ、名前、贈答
タイトルとURLをコピーしました