万葉集 第4巻 600番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻600番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 600番歌

第4巻
歌番号 600番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 伊勢海之 礒毛動尓 因流波 恐人尓 戀渡鴨
訓読 伊勢の海の礒もとどろに寄する波畏き人に恋ひわたるかも
かな いせのうみの いそもとどろに よするなみ かしこきひとに こひわたるかも
英語(ローマ字) ISENOUMINO ISOMOTODORONI YOSURUNAMI KASHIKOKIHITONI KOHIWATARUKAMO
伊勢の海の磯にとどろく寄せ来る波のように、恐れ多い方に恋続けているのでしょうか。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、三重、地名、序詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました