万葉集 第4巻 601番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻601番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 601番歌

第4巻
歌番号 601番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 従情毛 吾者不念寸 山河毛 隔莫國 如是戀常羽
訓読 心ゆも我は思はずき山川も隔たらなくにかく恋ひむとは
かな こころゆも わはおもはずき やまかはも へだたらなくに かくこひむとは
英語(ローマ字) KOKOROYUMO WAHAOMOHAZUKI YAMAKAHAMO HEDATARANAKUNI KAKUKOHIMUTOHA
こんなに恋に苦しむとは心底思ってもみませんでした。間が山や川で隔てられているわけではないのに、こんんなに恋い焦がれることになるとは。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました