万葉集 第4巻 547番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻547番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 547番歌

第4巻
歌番号 547番歌
作者 笠金村
題詞 (二年乙丑春三月幸三香原離宮之時得娘子<作歌>一首[并短歌] <笠朝臣金村>)反歌
原文 天雲之 外従見 吾妹兒尓 心毛身副 縁西鬼尾
訓読 天雲の外に見しより我妹子に心も身さへ寄りにしものを
かな あまくもの よそにみしより わぎもこに こころもみさへ よりにしものを
英語(ローマ字) AMAKUMONO YOSONIMISHIYORI WAGIMOKONI KOKOROMOMISAHE YORINISHIMONOWO
天雲のようによそ目に見ていただけの彼女に身も心も引かれてしまった。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 相聞、作者:笠金村、行幸、久邇京、京都、枕詞、地名、神亀2年3月
タイトルとURLをコピーしました