万葉集 第4巻 656番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻656番歌はこちらにまとめました。

第4巻 656番歌

第4巻
歌番号 656番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女歌六首
原文 吾耳曽 君尓者戀流 吾背子之 戀云事波 言乃名具左曽
訓読 我れのみぞ君には恋ふる我が背子が恋ふといふことは言のなぐさぞ
かな あれのみぞ きみにはこふる わがせこが こふといふことは ことのなぐさぞ
英語(ローマ字) ARENOMIZO KIMINIHAKOFURU WAGASEKOGA KOFUTOIFUKOTOHA KOTONONAGUSAZO
私の方はあなたに恋焦がれていますが、あなたが言う恋しいは口先だけの慰めぞ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正復旧)] 歌
用語 相聞、作者:坂上郎女、恋情
タイトルとURLをコピーしました