万葉集 第4巻 619番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻619番歌はこちらにまとめました。

第4巻 619番歌

第4巻
歌番号 619番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女怨恨歌一首[并短歌]
原文 押照 難波乃菅之 根毛許呂尓 君之聞四<手> 年深 長四云者 真十鏡 磨師情乎 縦手師 其日之極 浪之共 靡珠藻乃 云々 意者不持 大船乃 憑有時丹 千磐破 神哉将離 空蝉乃 人歟禁良武 通為 君毛不来座 玉梓之 使母不所見 成奴礼婆 痛毛為便無三 夜干玉乃 夜者須我良尓 赤羅引 日母至闇 雖嘆 知師乎無三 雖念 田付乎白二 幼婦常 言雲知久 手小童之 哭耳泣管 俳徊 君之使乎 待八兼手六
訓読 おしてる 難波の菅の ねもころに 君が聞こして 年深く 長くし言へば まそ鏡 磨ぎし心を ゆるしてし その日の極み 波の共 靡く玉藻の かにかくに 心は持たず 大船の 頼める時に ちはやぶる 神か離くらむ うつせみの 人か障ふらむ 通はしし 君も来まさず 玉梓の 使も見えず なりぬれば いたもすべなみ ぬばたまの 夜はすがらに 赤らひく 日も暮るるまで 嘆けども 験をなみ 思へども たづきを知らに たわや女と 言はくもしるく たわらはの 音のみ泣きつつ た廻り 君が使を 待ちやかねてむ
かな おしてる なにはのすげの ねもころに きみがきこして としふかく ながくしいへば まそかがみ とぎしこころを ゆるしてし そのひのきはみ なみのむた なびくたまもの かにかくに こころはもたず おほぶねの たのめるときに ちはやぶる かみかさくらむ うつせみの ひとかさふらむ かよはしし きみもきまさず たまづさの つかひもみえず なりぬれば いたもすべなみ ぬばたまの よるはすがらに あからひく ひもくるるまで なげけども しるしをなみ おもへども たづきをしらに たわやめと いはくもしるく たわらはの ねのみなきつつ たもとほり きみがつかひを まちやかねてむ
英語(ローマ字) OSHITERU NANIHANOSUGENO NEMOKORONI KIMIGAKIKOSHITE TOSHIFUKAKU NAGAKUSHIIHEBA MASOKAGAMI TOGISHIKOKOROWO YURUSHITESHI SONOHINOKIHAMI NAMINOMUTA NABIKUTAMAMONO KANIKAKUNI KOKOROHAMOTAZU OHOBUNENO TANOMERUTOKINI CHIHAYABURU KAMIKASAKURAMU UTSUSEMINO HITOKASAFURAMU KAYOHASHISHI KIMIMOKIMASAZU TAMADUSANO TSUKAHIMOMIEZU NARINUREBA ITAMOSUBENAMI NUBATAMANO YORUHASUGARANI AKARAHIKU HIMOKURURUMADE NAGEKEDOMO SHIRUSHIWONAMI OMOHEDOMO TADUKIWOSHIRANI TAWAYAMETO IHAKUMOSHIRUKU TAWARAHANO NENOMINAKITSUTSU TAMOTOHORI KIMIGATSUKAHIWO MACHIYAKANETEMU
難波の菅の根のようにねんごろにあなたが声をかけてくれて、何年も末永く一緒にと言うので、心をとぎすましてなびくまいとしていたのですが、いったん気を許したら最後、波とともに揺れ靡く藻のように揺れる心も、大船に乗ったような気持になりました。 けれど、神様が二人の仲を割くのか、あるいは世の人々が邪魔だてするのか、しげしげと通っていたあなたも来なくなり、便りを持ってくる使いも来なくなりました。私はどうしようもなく、夜は夜中じゅう、昼は日が暮れるまで嘆きました。けれども、その甲斐もなく、思い悩むばかり。どうしていいか術もなく、「たわやめ」という名の通り、子供のように声をあげて泣き、あたりを行きつ戻りつして、あなたからの使いでも来ないかと待ちあぐねています。
左注
校異 歌 [西] / 乎 手 [金]
用語 相聞、作者:坂上郎女、怨恨、恋情、挽歌的手法、枕詞
タイトルとURLをコピーしました