万葉集 第4巻 620番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻620番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 620番歌

第4巻
歌番号 620番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女怨恨歌一首[并短歌])反歌
原文 従元 長謂管 不<令>恃者 如是念二 相益物歟
訓読 初めより長く言ひつつ頼めずはかかる思ひに逢はましものか
かな はじめより ながくいひつつ たのめずは かかるおもひに あはましものか
英語(ローマ字) HAJIMEYORI NAGAKUIHITSUTSU TANOMEZUHA KAKARUOMOHINI AHAMASHIMONOKA
そもそも、末永く一緒になどと言わなければ、あなたを頼ることなく、こんな苦しい思いに会わなかったでしょうに。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 念 令 [紀]
用語 相聞、作者:坂上郎女、悔恨、怨恨
タイトルとURLをコピーしました