万葉集 第4巻 625番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻625番歌はこちらにまとめました。

第4巻 625番歌

第4巻
歌番号 625番歌
作者 高安王
題詞 高安王L鮒贈娘子歌一首 [高安王者後賜姓大原真人氏]
原文 奥弊徃 邊去伊麻夜 為妹 吾漁有 藻臥束鮒
訓読 沖辺行き辺を行き今や妹がため我が漁れる藻臥束鮒
かな おきへゆき へをゆきいまや いもがため わがすなどれる もふしつかふな
英語(ローマ字) OKIHEYUKI HEWOYUKIIMAYA IMOGATAME WAGASUNADORERU MOFUSHITSUKAFUNA
沖に向かって歩いたり、岸に戻ったりしてあなたのために、ほらみてごらん、藻草の中から私が捕まえてきた小鮒だよ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 弊 [元][紀] 幣
用語 相聞、作者:高安王、贈り物、動物
タイトルとURLをコピーしました