万葉集 第4巻 706番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻706番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 706番歌

第4巻
歌番号 706番歌
作者 作者不詳(童女)
題詞 童女来報歌一首
原文 葉根蘰 今為妹者 無四呼 何妹其 幾許戀多類
訓読 はねかづら今する妹はなかりしをいづれの妹ぞここだ恋ひたる
かな はねかづら いまするいもは なかりしを いづれのいもぞ ここだこひたる
英語(ローマ字) HANEKADURA IMASURUIMOHA NAKARISHIWO IDURENOIMOZO KOKODAKOHITARU
はねかづらを付けた子なんていませんわ。どこのどの子に一生懸命に恋していらっしゃるのかしらね。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:童女、大伴家持、掛け合い、贈答
タイトルとURLをコピーしました