万葉集 第4巻 693番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻693番歌はこちらにまとめました。

第4巻 693番歌

第4巻
歌番号 693番歌
作者 大伴千室
題詞 大伴宿祢千室歌一首 [未詳]
原文 如此耳 戀哉将度 秋津野尓 多奈引雲能 過跡者無二
訓読 かくのみし恋ひやわたらむ秋津野にたなびく雲の過ぐとはなしに
かな かくのみし こひやわたらむ あきづのに たなびくくもの すぐとはなしに
英語(ローマ字) KAKUNOMISHI KOHIYAWATARAMU AKIDUNONI TANABIKUKUMONO SUGUTOHANASHINI
秋津野にたなびく雲ならやがて消えてゆくのに、私の恋心はこのままずっと続いていくしかないのだろうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴千室、和歌山、吉野、地名、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました