万葉集 第4巻 688番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻688番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 688番歌

第4巻
歌番号 688番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女歌七首)
原文 青山乎 横g雲之 灼然 吾共咲為而 人二所知名
訓読 青山を横ぎる雲のいちしろく我れと笑まして人に知らゆな
かな あをやまを よこぎるくもの いちしろく われとゑまして ひとにしらゆな
英語(ローマ字) AWOYAMAWO YOKOGIRUKUMONO ICHISHIROKU WARETOゑMASHITE HITONISHIRAYUNA
青い山にたなびく真っ白な雲のように、私とはっきり微笑み交わしても人には気づかれないように。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、うわさ、序詞
タイトルとURLをコピーしました