万葉集 第4巻 578番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻578番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 578番歌

第4巻
歌番号 578番歌
作者 大伴三依
題詞 大伴宿祢三依悲別歌一首
原文 天地与 共久 住波牟等 念而有師 家之庭羽裳
訓読 天地とともに久しく住まはむと思ひてありし家の庭はも
かな あめつちと ともにひさしく すまはむと おもひてありし いへのにははも
英語(ローマ字) AMETSUCHITO TOMONIHISASHIKU SUMAHAMUTO OMOHITEARISHI IHENONIHAHAMO
天地(あめつち)と共に長らく住もうと思っていた家の庭だったのに。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴三依、大伴旅人、挽歌発想
タイトルとURLをコピーしました