万葉集 第4巻 516番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻516番歌はこちらにまとめました。

第4巻 516番歌

第4巻
歌番号 516番歌
作者 阿倍女郎
題詞 阿倍女郎答歌一首
原文 吾以在 三相二搓流 絲用而 附手益物 今曽悔寸
訓読 我が持てる三相に搓れる糸もちて付けてましもの今ぞ悔しき
かな わがもてる みつあひによれる いともちて つけてましもの いまぞくやしき
英語(ローマ字) WAGAMOTERU MITSUAHINIYORERU ITOMOCHITE TSUKETEMASHIMONO IMAZOKUYASHIKI
この丈夫な三つ搓(よ)りの糸であなたを結びつけておくんだったのに、今ごろなんでしょう。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:阿倍女郎、中臣東人、贈答
タイトルとURLをコピーしました