万葉集 第4巻 519番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻519番歌はこちらにまとめました。

第4巻 519番歌

第4巻
歌番号 519番歌
作者 大伴女郎
題詞 大伴女郎歌一首 [今城王之母也今城王後賜大原真人氏也]
原文 雨障 常為公者 久堅乃 昨夜雨尓 将懲鴨
訓読 雨障み常する君はひさかたの昨夜の夜の雨に懲りにけむかも
かな あまつつみ つねするきみは ひさかたの きぞのよのあめに こりにけむかも
英語(ローマ字) AMATSUTSUMI TSUNESURUKIMIHA HISAKATANO KIZONOYONOAMENI KORINIKEMUKAMO
いつも雨を口実になさるあなたは、久しぶりにいらしゃった昨夜、折悪しく雨が降り、もう私のところへ来るのに懲りてしまわれたのでしょうか。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴女郎、勧誘
タイトルとURLをコピーしました