万葉集 第4巻 574番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻574番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 574番歌

第4巻
歌番号 574番歌
作者 大伴旅人
題詞 大納言大伴卿和歌二首
原文 此間在而 筑紫也何處 白雲乃 棚引山之 方西有良思
訓読 ここにありて筑紫やいづち白雲のたなびく山の方にしあるらし
かな ここにありて つくしやいづち しらくもの たなびくやまの かたにしあるらし
英語(ローマ字) KOKONIARITE TSUKUSHIYAIDUCHI SHIRAKUMONO TANABIKUYAMANO KATANISHIARURASHI
ここ大和から筑紫はどちらの方向にあたるのだろう。白雲のたなびくあの山の方角だろうか。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 相聞、作者:大伴旅人、和歌、羈旅、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました