万葉集 第4巻 485番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻485番歌はこちらにまとめました。

第4巻 485番歌

第4巻
歌番号 485番歌
作者 舒明天皇(舒明)
題詞 <崗>本天皇御製一首[并短歌]
原文 神代従 生継来者 人多 國尓波満而 味村乃 去来者行跡 吾戀流 君尓之不有者 晝波 日乃久流留麻弖 夜者 夜之明流寸食 念乍 寐宿難尓登 阿可思通良久茂 長此夜乎
訓読 神代より 生れ継ぎ来れば 人さはに 国には満ちて あぢ群の 通ひは行けど 我が恋ふる 君にしあらねば 昼は 日の暮るるまで 夜は 夜の明くる極み 思ひつつ 寐も寝かてにと 明かしつらくも 長きこの夜を
かな かむよより あれつぎくれば ひとさはに くににはみちて あぢむらの かよひはゆけど あがこふる きみにしあらねば ひるは ひのくるるまで よるは よのあくるきはみ おもひつつ いもねかてにと あかしつらくも ながきこのよを
英語(ローマ字) KAMUYOYORI ARETSUGIKUREBA HITOSAHANI KUNINIHAMICHITE ADIMURANO KAYOHIHAYUKEDO AGAKOFURU KIMINISHIARANEBA HIRUHA HINOKURURUMADE YORUHA YONOAKURUKIHAMI OMOHITSUTSU IMONEKATENITO AKASHITSURAKUMO NAGAKIKONOYOWO
神代の昔から次々と生まれてきて人が多くなり、国は人で満ちあふれている。まるで小鴨の群れのように騒がしく往来している。けれどもどの人も私が恋い焦がれてやまない人ではない。日中は日が暮れるまで、夜は夜で明け方まであなたを恋い続け、寝るに寝られず、長い夜を明かしくらしてしまいました。
左注 (右今案 高市<崗>本宮後<崗>本宮二代二帝各有異焉 但称<崗>本天皇未審其指)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 岳 崗 [元][古][紀]
用語 相聞、作者:舒明、皇極、恋情、女歌、挽歌発想、枕詞
タイトルとURLをコピーしました