万葉集 第4巻 543番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻543番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 543番歌

第4巻
歌番号 543番歌
作者 笠金村
題詞 神龜元年甲子冬十月幸紀伊國之時為贈従駕人所誂娘子<作歌>一首[并短歌] <笠朝臣金村>
原文 天皇之 行幸乃随意 物部乃 八十伴雄与 出去之 愛夫者 天翔哉 軽路従 玉田次 畝火乎見管 麻裳吉 木道尓入立 真土山 越良武公者 黄葉乃 散飛見乍 親 吾者不念 草枕 客乎便宜常 思乍 公将有跡 安蘇々二破 且者雖知 之加須我仁 黙然得不在者 吾背子之 徃乃萬々 将追跡者 千遍雖念 手<弱>女 吾身之有者 道守之 将問答乎 言将遣 為便乎不知跡 立而爪衝
訓読 大君の 行幸のまにま もののふの 八十伴の男と 出で行きし 愛し夫は 天飛ぶや 軽の路より 玉たすき 畝傍を見つつ あさもよし 紀路に入り立ち 真土山 越ゆらむ君は 黄葉の 散り飛ぶ見つつ にきびにし 我れは思はず 草枕 旅をよろしと 思ひつつ 君はあらむと あそそには かつは知れども しかすがに 黙もえあらねば 我が背子が 行きのまにまに 追はむとは 千たび思へど 手弱女の 我が身にしあれば 道守の 問はむ答へを 言ひやらむ すべを知らにと 立ちてつまづく
かな おほきみの みゆきのまにま もののふの やそとものをと いでゆきし うるはしづまは あまとぶや かるのみちより たまたすき うねびをみつつ あさもよし きぢにいりたち まつちやま こゆらむきみは もみちばの ちりとぶみつつ にきびにし われはおもはず くさまくら たびをよろしと おもひつつ きみはあらむと あそそには かつはしれども しかすがに もだもえあらねば わがせこが ゆきのまにまに おはむとは ちたびおもへど たわやめの わがみにしあれば みちもりの とはむこたへを いひやらむ すべをしらにと たちてつまづく
英語(ローマ字) OHOKIMINO MIYUKINOMANIMA MONONOFUNO YASOTOMONOWOTO IDEYUKISHI URUHASHIDUMAHA AMATOBUYA KARUNOMICHIYORI TAMATASUKI UNEBIWOMITSUTSU ASAMOYOSHI KIDINIIRITACHI MATSUCHIYAMA KOYURAMUKIMIHA MOMICHIBANO CHIRITOBUMITSUTSU NIKIBINISHI WAREHAOMOHAZU KUSAMAKURA TABIWOYOROSHITO OMOHITSUTSU KIMIHAARAMUTO ASOSONIHA KATSUHASHIREDOMO SHIKASUGANI MODAMOEARANEBA WAGASEKOGA YUKINOMANIMANI OHAMUTOHA CHITABIOMOHEDO TAWAYAMENO WAGAMINISHIAREBA MICHIMORINO TOHAMUKOTAHEWO IHIYARAMU SUBEWOSHIRANITO TACHITETSUMADUKU
天皇の行幸につき従って、多くの付き人と出て行った我が夫。軽の路から畝傍山を見て紀伊への道に立って、真土山を越えてゆく。黄葉の散り飛ぶ光景を見ながら、すっかり慣れ親しんだ私のことは忘れ、旅はいいものだとあなたは思っておいでだろうと、うすうす気づいています。けれども黙ってじっとしてられなくて、あなたの後を追っていこうと、いくたび思ったことか。けれど、か弱い女の身である私、関所の番人に問いつめられたら何とこたえていいか分からず、立ちすくんだまま途方に暮れるばかりでしょう。
左注
校異 笠朝臣金村作歌 作歌 [桂][元] / <> 笠朝臣金村 [桂][元] / 嫋 弱 [桂][元][類][紀]
用語 相聞、作者:笠金村、代作、行幸、紀伊、妻、都、羈旅、枕詞、地名、神亀1年10月、年紀
タイトルとURLをコピーしました