万葉集 第4巻 773番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻773番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 773番歌

第4巻
歌番号773番歌
作者大伴家持
題詞(大伴宿祢家持従久邇京贈坂上大嬢歌五首)
原文事不問 木尚味狭藍 諸<弟>等之 練乃村戸二 所詐来
訓読言とはぬ木すらあじさゐ諸弟らが練りのむらとにあざむかえけり
かなこととはぬ きすらあじさゐ もろとらが ねりのむらとに あざむかえけり
英語(ローマ字)KOTOTOHANU KISURAAJISAゐ MOROTORAGA NERINOMURATONI AZAMUKAEKERI
物言わぬ木、紫陽花、諸弟等も、君の巧みな言辞にはだまされるに相違ない。
左注
校異茅 弟 [桂][古][紀]
用語相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、久邇京、難解、植物、贈答、怨恨
タイトルとURLをコピーしました