万葉集 第4巻 791番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻791番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 791番歌

第4巻
歌番号 791番歌
作者 藤原久須麻呂
題詞 藤原朝臣久須麻呂来報歌二首
原文 奥山之 磐影尓生流 菅根乃 懃吾毛 不相念有哉
訓読 奥山の岩蔭に生ふる菅の根のねもころ我れも相思はざれや
かな おくやまの いはかげにおふる すがのねの ねもころわれも あひおもはざれや
英語(ローマ字) OKUYAMANO IHAKAGENIOFURU SUGANONENO NEMOKOROWAREMO AHIOMOHAZAREYA
奥山の岩蔭に生える菅の根のように、お父上(家持様)と同様私もまたお嬢様に慎重に心尽くして対処しないことがありましょうか。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 相聞、作者:藤原久須麻呂、大伴家持、植物、序詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました