万葉集 第4巻 792番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻792番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 792番歌

第4巻
歌番号792番歌
作者藤原久須麻呂
題詞(藤原朝臣久須麻呂来報歌二首)
原文春雨乎 待<常>二師有四 吾屋戸之 若木乃梅毛 未含有
訓読春雨を待つとにしあらし我がやどの若木の梅もいまだふふめり
かなはるさめを まつとにしあらし わがやどの わかきのうめも いまだふふめり
英語(ローマ字)HARUSAMEWO MATSUTONISHIARASHI WAGAYADONO WAKAKINOUMEMO IMADAFUFUMERI
梅の木(お嬢様)は春雨が降り注ぐのを待っておいでのようですね。我が家の庭の梅の若木もまだ蕾のままです。
左注
校異<> 常 [西(右書)][元][類][紀]
用語相聞、作者:藤原久須麻呂、大伴家持、比喩、植物、贈答
タイトルとURLをコピーしました