万葉集 第4巻 639番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻639番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 639番歌

第4巻
歌番号 639番歌
作者 作者不詳(娘子)
題詞 娘子復報贈歌一首
原文 吾背子我 如是戀礼許曽 夜干玉能 夢所見管 寐不所宿家礼
訓読 我が背子がかく恋ふれこそぬばたまの夢に見えつつ寐ねらえずけれ
かな わがせこが かくこふれこそ ぬばたまの いめにみえつつ いねらえずけれ
英語(ローマ字) WAGASEKOGA KAKUKOFUREKOSO NUBATAMANO IMENIMIETSUTSU INERAEZUKERE
あなたがそんなふうに恋い焦がれるからこそ、夢にあらわれてなかなか寝られません。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:娘子、湯原王、夢、恋情、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました