万葉集 第4巻 496番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻496番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 496番歌

第4巻
歌番号 496番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 柿本朝臣人麻呂歌四首
原文 三熊野之 浦乃濱木綿 百重成 心者雖念 直不相鴨
訓読 み熊野の浦の浜木綿百重なす心は思へど直に逢はぬかも
かな みくまのの うらのはまゆふ ももへなす こころはもへど ただにあはぬかも
英語(ローマ字) MIKUMANONO URANOHAMAYUFU MOMOHENASU KOKOROHAMOHEDO TADANIAHANUKAMO
熊野の浦の浜木綿の葉が幾重にも重なっている。そのように逢いたくて逢いたくてたまらないが、旅路にある身。直接逢えないのが無念。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:柿本人麻呂、恋情、挽歌発想、贈答、紀州、和歌山、羈旅、序詞、地名、植物

題詞は「柿本朝臣人麻呂の歌4首」とある。「朝臣」は八色の姓の1つ。

熊野は熊野古道で有名な紀伊半島南岸部。浜木綿(ハマユウ)は温暖な海浜によく見られるヒガンバナ科の多年草。真っ直ぐに伸びた茎の先から複数の花つけ、白く細長い6枚の花被を持つ。「百重なす」はその葉の様子を指している。

この歌は心の状態を比喩的に述べている。熊野は飛鳥ないし大和から遠く離れた場所であり、熊野にいて詠った切実さがこめられている。

タイトルとURLをコピーしました