万葉集 第4巻 597番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻597番歌はこちらにまとめました。

第4巻 597番歌

第4巻
歌番号 597番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 宇都蝉之 人目乎繁見 石走 間近<君>尓 戀度可聞
訓読 うつせみの人目を繁み石橋の間近き君に恋ひわたるかも
かな うつせみの ひとめをしげみ いしはしの まちかききみに こひわたるかも
英語(ローマ字) UTSUSEMINO HITOMEWOSHIGEMI ISHIHASHINO MACHIKAKIKIMINI KOHIWATARUKAMO
世間の人目がうるさいので、庭の石橋のように間近に住んでいますのに、逢うことも出来ず、ひたすら恋続けています。
左注
校異 <> 君 [西(左書)][元][紀]
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました