万葉集 第4巻 683番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻683番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 683番歌

第4巻
歌番号 683番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女歌七首
原文 謂言之 恐國曽 紅之 色莫出曽 念死友
訓読 言ふ言の畏き国ぞ紅の色にな出でそ思ひ死ぬとも
かな いふことの かしこきくにぞ くれなゐの いろにないでそ おもひしぬとも
英語(ローマ字) IFUKOTONO KASHIKOKIKUNIZO KURENAゐNO IRONINAIDESO OMOHISHINUTOMO
噂が恐ろしい国柄ですよ、鮮やかな紅色のようにはっきり表に出してはいけません。たとえ死ぬほど恋焦がれていようとも。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:坂上郎女、うわさ、枕詞
タイトルとURLをコピーしました