万葉集 第4巻 737番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻737番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 737番歌

第4巻
歌番号 737番歌
作者 坂上大嬢
題詞 同大嬢贈家持歌二首
原文 云々 人者雖云 若狭道乃 後瀬山之 後毛将<會>君
訓読 かにかくに人は言ふとも若狭道の後瀬の山の後も逢はむ君
かな かにかくに ひとはいふとも わかさぢの のちせのやまの のちもあはむきみ
英語(ローマ字) KANIKAKUNI HITOHAIFUTOMO WAKASADINO NOCHISENOYAMANO NOCHIMOAHAMUKIMI
とかく、人の口はうるさいけれど、若狭道にある後瀬の山ではありませんが、後にはお逢いしたいものですね。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 念 會 [万葉考]
用語 相聞、作者:坂上大嬢、大伴家持、福井、地名、歌枕、贈答
タイトルとURLをコピーしました