万葉集 第4巻 634番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻634番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 634番歌

第4巻
歌番号 634番歌
作者 作者不詳(娘子)
題詞 ((湯原王贈娘子歌二首 [志貴皇子之子也])娘子報贈歌二首)
原文 家二四手 雖見不飽乎 草枕 客毛妻与 有之乏左
訓読 家にして見れど飽かぬを草枕旅にも妻とあるが羨しさ
かな いへにして みれどあかぬを くさまくら たびにもつまと あるがともしさ
英語(ローマ字) IHENISHITE MIREDOAKANUWO KUSAMAKURA TABINIMOTSUMATO ARUGATOMOSHISA
家にいらっしゃる時にも愛していらしゃっるに相違ない奥様、その奥様を遠い旅先までお連れになっていらっしゃる。お羨ましいことですわ。
左注
校異
用語 相聞、作者:娘子、湯原王、揶揄、恋情、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました