万葉集 第4巻 741番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻741番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 741番歌

第4巻
歌番号 741番歌
作者 大伴家持
題詞 更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首
原文 夢之相者 苦有家里 覺而 掻探友 手二毛不所觸者
訓読 夢の逢ひは苦しかりけりおどろきて掻き探れども手にも触れねば
かな いめのあひは くるしかりけり おどろきて かきさぐれども てにもふれねば
英語(ローマ字) IMENOAHIHA KURUSHIKARIKERI ODOROKITE KAKISAGUREDOMO TENIMOFURENEBA
夢の中で逢うのはむなしいです。あなたに逢えたと思って、驚いて掻き探ったけれど手にさえ触れることができなかった。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、遊仙窟、夢、贈答
タイトルとURLをコピーしました