万葉集 第4巻 672番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻672番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 672番歌

第4巻
歌番号672番歌
作者阿部虫麻呂(安倍蟲麻呂)
題詞安倍朝臣蟲麻呂歌一首
原文倭文手纒 數二毛不有 壽持 奈何幾許 吾戀渡
訓読しつたまき数にもあらぬ命もて何かここだく我が恋ひわたる
かなしつたまき かずにもあらぬ いのちもて なにかここだく あがこひわたる
英語(ローマ字)SHITSUTAMAKI KAZUNIMOARANU INOCHIMOTE NANIKAKOKODAKU AGAKOHIWATARU
安物の腕輪のような不肖の私ごとき者がなにゆえ熱心にあなたに恋焦がれるのでしょう。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語相聞、作者:安倍蟲麻呂、恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました