万葉集 第4巻 673番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻673番歌はこちらにまとめました。

第4巻 673番歌

第4巻
歌番号 673番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女歌二首
原文 真十鏡 磨師心乎 縦者 後尓雖云 驗将在八方
訓読 まそ鏡磨ぎし心をゆるしてば後に言ふとも験あらめやも
かな まそかがみ とぎしこころを ゆるしてば のちにいふとも しるしあらめやも
英語(ローマ字) MASOKAGAMI TOGISHIKOKOROWO YURUSHITEBA NOCHINIIFUTOMO SHIRUSHIARAMEYAMO
滅多なことでは男の口車に乗せられまいと心を研ぎ澄ましているのに、ひとたび許してしまって後で後悔することになっては甲斐がない。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:坂上郎女、枕詞、後悔
タイトルとURLをコピーしました