万葉集 第4巻 565番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻565番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 565番歌

第4巻
歌番号 565番歌
作者 賀茂女王
題詞 賀茂女王歌一首
原文 大伴乃 見津跡者不云 赤根指 照有月夜尓 直相在登聞
訓読 大伴の見つとは言はじあかねさし照れる月夜に直に逢へりとも
かな おほともの みつとはいはじ あかねさし てれるつくよに ただにあへりとも
英語(ローマ字) OHOTOMONO MITSUTOHAIHAJI AKANESASHI TERERUTSUKUYONI TADANIAHERITOMO
あえて大伴様とお会いしたとは申しません。誰知らぬ者もいないほどこうこうと照れる月下に堂々とお会いしてますけど・・・。。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:賀茂女王、うわさ、枕詞、掛詞、地名、大阪、恋愛
タイトルとURLをコピーしました