万葉集 第4巻 555番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻555番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 555番歌

第4巻
歌番号 555番歌
作者 大伴旅人
題詞 <大>宰帥大伴卿贈大貳丹比縣守卿遷任民部卿歌一首
原文 為君 醸之待酒 安野尓 獨哉将飲 友無二思手
訓読 君がため醸みし待酒安の野にひとりや飲まむ友なしにして
かな きみがため かみしまちざけ やすののに ひとりやのまむ ともなしにして
英語(ローマ字) KIMIGATAME KAMISHIMACHIZAKE YASUNONONI HITORIYANOMAMU TOMONASHINISHITE
貴君と飲み交わそうと醸造してとっておいた酒も安の野で一人で飲むことになろう。友がいなくなってしまうので。
左注
校異 太 大 [桂][元][類][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴旅人、丹比縣守、餞別、送別、太宰府、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました