万葉集 第4巻 503番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻503番歌はこちらにまとめました。

第4巻 503番歌

第4巻
歌番号503番歌
作者柿本人麻呂
題詞(柿本朝臣人麻呂歌三首)
原文珠衣乃 狭藍左謂沈 家妹尓 物不語来而 思金津裳
訓読玉衣のさゐさゐしづみ家の妹に物言はず来にて思ひかねつも
かなたまきぬの さゐさゐしづみ いへのいもに ものいはずきにて おもひかねつも
英語(ローマ字)TAMAKINUNO SAゐSAゐSHIDUMI IHENOIMONI MONOIHAZUKINITE OMOHIKANETSUMO
衣ずれのようなあわただしさにまぎれて十分に声もかけずに出立してしまったが、それが心残りで心苦しい。
左注
校異
用語相聞、作者:柿本人麻呂、恋情、別離、悲別、出発、羈旅
タイトルとURLをコピーしました