万葉集 第4巻 661番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻661番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 661番歌

第4巻
歌番号 661番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女歌六首)
原文 戀々而 相有時谷 愛寸 事盡手四 長常念者
訓読 恋ひ恋ひて逢へる時だにうるはしき言尽してよ長くと思はば
かな こひこひて あへるときだに うるはしき ことつくしてよ ながくとおもはば
英語(ローマ字) KOHIKOHITE AHERUTOKIDANI URUHASHIKI KOTOTSUKUSHITEYO NAGAKUTOOMOHABA
恋しくて恋しくてやっと逢えたのですもの。この時だけでも、優しく美しい言葉を尽くして下さいな。私たちの間を長く続けようと思っていらっしゃるなら。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、恋情
タイトルとURLをコピーしました