万葉集 第4巻 660番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻660番歌はこちらにまとめました。

第4巻 660番歌

第4巻
歌番号 660番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女歌六首)
原文 汝乎与吾乎 人曽離奈流 乞吾君 人之中言 聞起名湯目
訓読 汝をと我を人ぞ離くなるいで我が君人の中言聞きこすなゆめ
かな なをとあを ひとぞさくなる いであがきみ ひとのなかごと ききこすなゆめ
英語(ローマ字) NAWOTOAWO HITOZOSAKUNARU IDEAGAKIMI HITONONAKAGOTO KIKIKOSUNAYUME
あなたと私の仲を裂こうとしている人がいます。ねえあなた、ひとの中傷には耳を貸さないで下さいな。決して、決して。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、うわさ
タイトルとURLをコピーしました