万葉集 第4巻 501番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻501番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 501番歌

第4巻
歌番号 501番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 柿本朝臣人麻呂歌三首
原文 未通女等之 袖振山乃 水垣之 久時従 憶寸吾者
訓読 娘子らが袖布留山の瑞垣の久しき時ゆ思ひき我れは
かな をとめらが そでふるやまの みづかきの ひさしきときゆ おもひきわれは
英語(ローマ字) WOTOMERAGA SODEFURUYAMANO MIDUKAKINO HISASHIKITOKIYU OMOHIKIWAREHA
乙女が袖を振った袖布留山(そでふるやま)の神宮の瑞垣(みづがき)は久しく以前から鎮座し給うているが、私もずっとあなたのことを思っているのだよ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:柿本人麻呂、歌垣、枕詞、序詞
タイトルとURLをコピーしました