万葉集 第4巻 744番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻744番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 744番歌

第4巻
歌番号744番歌
作者大伴家持
題詞(更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首)
原文暮去者 屋戸開設而 吾将待 夢尓相見二 将来云比登乎
訓読夕さらば屋戸開け設けて我れ待たむ夢に相見に来むといふ人を
かなゆふさらば やとあけまけて われまたむ いめにあひみに こむといふひとを
英語(ローマ字)YUFUSARABA YATOAKEMAKETE WAREMATAMU IMENIAHIMINI KOMUTOIFUHITOWO
日が暮れたらあらかじめ戸を開けて待とう。夢でもいい、私に逢いに来ようという人を。
左注
校異
用語相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、遊仙窟、夢、贈答
タイトルとURLをコピーしました