万葉集 第4巻 743番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻743番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 743番歌

第4巻
歌番号 743番歌
作者 大伴家持
題詞 (更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首)
原文 吾戀者 千引乃石乎 七許 頚二将繋母 神之諸伏
訓読 我が恋は千引の石を七ばかり首に懸けむも神のまにまに
かな あがこひは ちびきのいはを ななばかり くびにかけむも かみのまにまに
英語(ローマ字) AGAKOHIHA CHIBIKINOIHAWO NANABAKARI KUBINIKAKEMUMO KAMINOMANIMANI
私の恋は、千人引きの巨岩を七つも首にかけているほど苦しく重い。神の思し召しとあればその試練には耐えなければならない。
左注
校異
用語 相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、比喩、贈答
タイトルとURLをコピーしました