万葉集 第4巻 590番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻590番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 590番歌

第4巻
歌番号 590番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 荒玉 年之經去者 今師波登 勤与吾背子 吾<名>告為莫
訓読 あらたまの年の経ぬれば今しはとゆめよ我が背子我が名告らすな
かな あらたまの としのへぬれば いましはと ゆめよわがせこ わがなのらすな
英語(ローマ字) ARATAMANO TOSHINOHENUREBA IMASHIHATO YUMEYOWAGASEKO WAGANANORASUNA
年月が流れ、今となってはとばかり気軽に私の名を口になさらないで下さい。
左注
校異 <> 名 [西(右書)][元][紀]
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、名、うわさ、贈答、枕詞
タイトルとURLをコピーしました