万葉集 第4巻 626番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻626番歌はこちらにまとめました。

第4巻 626番歌

第4巻
歌番号 626番歌
作者 八代女王
題詞 八代女王獻天皇歌一首
原文 君尓因 言之繁乎 古郷之 明日香乃河尓 潔身為尓去 [一尾云龍田超 三津之濱邊尓 潔身四二由久]
訓読 君により言の繁きを故郷の明日香の川にみそぎしに行く [一尾云龍田越え御津の浜辺にみそぎしに行く]
かな きみにより ことのしげきを ふるさとの あすかのかはに みそぎしにゆく [たつたこえ みつのはまべに みそぎしにゆく]
英語(ローマ字) KIMINIYORI KOTONOSHIGEKIWO FURUSATONO ASUKANOKAHANI MISOGISHINIYUKU [TATSUTAKOE MITSUNOHAMABENI MISOGISHINIYUKU]
大君とのことであれこれと噂を立てられましたのを、故郷飛鳥川へ洗い清めにまいります。[龍田山を越えて、三津の浜辺へ禊ぎに参ります]
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:八代女王、聖武天皇、うわさ、飛鳥、地名
タイトルとURLをコピーしました