万葉集 第4巻 567番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻567番歌はこちらにまとめました。

第4巻 567番歌

第4巻
歌番号 567番歌
作者 大伴百代
題詞 (<大>宰大監大伴宿祢百代等贈驛使歌二首)
原文 周防在 磐國山乎 将超日者 手向好為与 荒其<道>
訓読 周防なる磐国山を越えむ日は手向けよくせよ荒しその道
かな すはなる いはくにやまを こえむひは たむけよくせよ あらしそのみち
英語(ローマ字) SUHANARU IHAKUNIYAMAWO KOEMUHIHA TAMUKEYOKUSEYO ARASHISONOMICHI
周防の国の岩国山を越えていく日が来たら、神様にお供え物をしてよくよくお祈りしてください。険しく荒々しい道ですから。
左注 右一首少典山口忌寸若麻呂 / 以前天平二年庚午夏六月 帥大伴卿忽生瘡脚疾苦枕席 因此馳驛上奏 望請 庶弟稲公姪胡麻呂欲語遺言者 勅右兵庫助大伴宿祢稲公治部少<丞>大伴宿祢 胡麻呂兩人 給驛發遣令省卿病 而逕數<旬>幸得平復于時稲公等以病既療 發府上京 於是大監大伴宿祢百代少典山口忌寸若麻呂及卿男家持等相送驛使 共到夷守驛家 聊飲悲別乃作此歌
校異 庭 道 [西(貼紙)][桂][元] / 蒸 丞 [桂] / 看 省 [桂][元][紀] / 句 旬 [桂][元][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 相聞、作者:大伴百代、送別、羈旅、安全、山口、地名
タイトルとURLをコピーしました